高速バス格安予約

高速バスを格安で楽しむ!

画像
画像

格安高速バスのおススメ!

格安の高速バスに快適に乗るコツ、教えます!!

画像

安さだけじゃない!高速バス人気のヒミツは?

 

飛行機や新幹線といった交通手段は、移動時間が短い点が最大のメリットです。

 

乗車料金が高かったり、乗り換えが大変だったりといったデメリットもあるのですが、ほとんどの人はこうした交通手段を当たり前のように使っているので、料金は高いことが標準的で、乗り換えが必要なことも当たり前と感じているようです。

 

しかし最近、移動時間はかかるものの、格安の料金で目的地まで行ける高速バスの人気が高まっています。

 

特に、出張で移動するサラリーマンや就職活動中の学生、観光地に遊びに行く女性などの利用が急増していて、首都圏、名古屋、大阪などを起点として、全国各地に運行されています。

 

 

高速バスは、昔から運行されていましたが、

 

 

「移動時間が長くて、からだが疲れる」

 

「シートが固くて眠れない」

 

 

というイメージを持たれていました。

 

 

実際に、10年ぐらい前は、シートは新幹線や路線バスのように固く、座席スペースも狭かったので、決して快適な交通手段とは言えず、交通費を節約したい人が利用するにとどまっていました。

 

しかしここ数年、大手の高速バスを中心に、乗り心地が大幅に改善されました。

 

 

疲れないシート、快適な空間に!

 

まず、シートは長い時間座っていても、疲れがたまらない工夫が施されました。

 

からだの圧力を吸収するような素材を使ったり、リクライニングの角度が大きくなったり、さらには、1つのシートの足元スペースが広がるなどして、からだの自由が以前のシートよりきくようになり、疲れの原因となる血行不良が起こりにくくなっています。

 

また、足元周りにはフットレスト、レッグレストなどを設置し、隣の席との空間を広くとることで、寝るときの姿勢も楽にできるようになりました。

 

さらには、これまでは2列ワンセットで横4席、縦に11〜12席というスタイルが当然だった車両の仕様を、それぞれの席が独立した3列席になったり、縦の席数を9〜10席程度にして、ソファー感覚で座れるようなシートを採用している高速バス会社も増えてきました。

 

 

こうした改善によって、シートの座り心地が格段にアップしただけでなく、車内の圧迫感も軽減され、利用者の満足度がアップしてきたのです。

 

快適さは口コミなどで一気に広がり、利用者が増えたことで増便され、全国各地に路線が拡大してきました。

 

 

年々お得になる、高速バスの乗車料金

 

一番の魅力は、その乗車料金の安さと答える人が圧倒的に多いです。

 

たとえば、東京から大阪まで移動する場合、新幹線だと1万5000円程度かかってしまいますが、高速バスになると3分の1以下まで安くなります。

 

しかも、高速バスの場合は、キャンペーンなどが頻繁に行われているので、場合によっては3000円程度の乗車料金になることもあります。

 

これが片道ではなく往復の乗車料金になると、新幹線の乗車料金との差は、なんと2万4000円近くにもなります。

 

 

高速バスは、2013年に法律が改正されたことから、運行コストが増大しました。

 

これによって、半分以上の高速バス会社が廃業し、今後は乗車料金が値上げされることが必至と思われていましたが、営業を続けている高速バス会社同士の競争が激しくなり、むしろ、法改正前より値下げした高速バス会社もあります。

 

季節限定のキャンペーンも増えましたし、通年で行なう割引も増えました。

 

中には、ワンコイン(500円)で高速バスに乗れたり、席数限定で通常価格の半額で座席を提供したりする会社もあります。

 

 

さらに進化する高速バスのシート

 

高速バスの快適さを一度知った人は、ほとんどリピーターになっています。

 

その理由は、上記のように乗車料金が安いことはもちろんのことですが、

 

 

「座席選びが楽しいから」

 

 

という人が増えています。

 

 

このサイトでも紹介している高速バス会社では、座席の快適さを追求していて、さまざまなタイプのシートを用意しています。

 

たとえば、座席にモニターを設置して、映画鑑賞やゲームができるシートは、車内が娯楽空間になり、乗車時間が短く感じてしまいます。

 

シートにコンセントが設置されていたり、車両に無線インターネットが設置されている車両は、出張で移動するビジネスマンに人気です。

 

さらには、座席が個室空間になっているタイプのバスもあり、ベッドに横になる感覚で、最高のの快適さを味わえる近未来的な車両まで登場しています。

 

 

もちろん、こうしたシートは、通常のシートよりも少し割高ですが、それでも新幹線などの乗車料金と比べれば格安なので、予約開始と同時にシートが埋まってゆくという状況です。

 

 

ちょっとの工夫で、さらに快適になる高速バスの旅!

 

こうしたシートを利用するのも、快適に移動するひとつの手段ですが、首の疲れを防ぐ枕や、血行を良くするアイテムなどを自分で用意することで、長い乗車時間は、カンタンに快適にすることができます。

 

その快適さになれてしまったら、高速バスを利用することは楽しみなってくることでしょう。

 

 

このサイトで魅力を知ったら、ぜひ、各高速バス会社のホームページにアクセスして、シートタイプをチェックして下さい!

 

きっと、高速バスで快適な旅に出かけたくなることでしょう!

 

ビジネス、観光、帰省など、さまざまなシーンで利用してみてください!

 

格安高速バスの特徴と予約方法は?

画像

移動時間が長い代わりに、乗車料金が激安!

 

高速バスは新幹線のように線路を走るワケではありませんから、走行時間が新幹線の2,3倍もかかってしまいます。

 

また、高速道路や一般道路を通りますので、渋滞に巻き込まれる場合がありますし、雨や風、雪といった悪天候にも大きく影響を受けてしまうので、移動時間の正確さにおいても新幹線に劣ってしまいます。

 

ところがこうした点を承知したうえで、高速バスの利用者が急増しています。

 

 

特徴はいくつもありますが、利用者に一番支持されているのは、その格安乗車料金です。

 

たとえば、東京から大阪まで新幹線で行くとしたら、往復で30,000円ぐらいかかってしまいますが、高速バスならば、乗車する時間帯やバス便の種類にもよりますが、6,000円ぐらいで済んでしまいます。

 

 

高速バス便の予約は、必ず公式サイトで!

 

高速バスの予約は、多くの人が楽天トラベルなどの高速バスのポータルサイトを利用しています。

 

楽天トラベルで予約すれば、楽天ポイントが貯まってお得ではありますが、付与されるポイントは、ほんのわずか。

 

ところが、各会社の公式サイトで便を予約すれば、楽天トラベルなどで予約するよりも安い乗車料金が適用されることがほとんどですし、公式サイト限定の割引サービスも利用できます。

 

特に、各社が実施するキャンペーンは、公式サイトから予約した人だけが対象となるので、ポータルサイトと比べると、場合によっては半額ぐらいの格安価格で利用できることもあります。

 

 

「格安をさらにお得に利用するには、必ず、高速バス会社の公式サイトから」

 

というのが基本中の基本ですよ!

格安高速バスの選び方!予約で失敗しない方法!

画像

高速バスの快適度は座席の位置で決まる?

 

座席の予約方法は2つあります。

 

1つは、通常の流れで便を予約した後、出発当日までに高速バス会社が座席の場所を決める方法。

 

もう1つは、予約の段階で自ら座席を指定する方法です。

 

 

乗車料金をさらに格安でおさめたい、座る場所にこだわりはない、といった方でしたら高速バス会社にお任せでもいいのですが、座席指定をして、すこしでも快適な席をキープしたい方は、自分で座席指定する方法を絶対におススメします。

 

たとえば4列スタンダード車両の場合、座席は2席1セットになっていますが、窓際のほうが眺めはいいですし、通路側だと、休憩所などで人が乗降するたびに、手などがぶつかってしまうことが多いんです。

 

 

2列+1列シートだと、快適度でさらに差が出る!

 

車両の中には、一方が2席1セット、もう一方が1席の独立シートタイプになっているものもあります。

 

当然、独立シートのほうが、隣の席の人の肘が当たったり、足がぶつかったりすることもないので、かなり快適です。

 

さらに、運転席の真後ろの席は、他の席よりスペースが広くなっていることが多いので、足をかなり伸ばせます。

 

 

座席の指定には別料金がかかりますが、その金額は、わずか200〜500円程度。

 

格安の高速バスで移動すると決めたら、このぐらいの追加料金を払ってバスの快適度をアップさせたほうが、長時間乗車での疲れのたまり方が大きく変わってきますし、何よりも、ストレスがかかりませんよ!