高速バス飛行機

格安高速バスvs飛行機 予約から降車まで

画像

飛行機と比べても乗車料金は格安!

 

今度は、東京から福岡まで行くケースで、飛行機と高速バスを比べてみます。

 

まず飛行機ですが、航空券だけだと38,000円程度となり、空港まで行く交通費、空港から市街地に出るまでの交通費を含めると、40,000円弱となります。

 

これに対して高速バスは、東京から大阪まで行き、大阪から福岡行に乗り継いだ場合、乗車料金は10,000円程度になります。

 

こちらの料金差も、新幹線と高速バスの乗車料金を比較した時と同じように、4倍もの差が出ます。

 

片道で30,000円、往復だと60,000円の差です。

 

この差は、非常に大きいですね!

 

 

ただし、高速バスの乗車料金が格安とはいえ、問題は乗車時間です。

 

 

座席選びにこだわれば、長時間乗車のデメリットが小さくなる?

 

飛行機を利用して福岡まで行くと、飛行場までの移動時間を含めると3時間弱になります。

 

一方の高速バスは、東京から大阪までが約8時間、大阪から福岡までが12時間と、合計で20時間もかかってしまいます。

 

往復で60,000円も乗車料金が安くなるとはいえ、乗車時間で17時間も差が出るというのは、少し考えてしまいますね?

 

 

しかし、出張などで時間優先の方でしたら、高速バスでの移動は厳しいかもしれませんが、時間に余裕がある方でしたら、工夫次第で、この長時間移動は、あまり苦ではなくなります。

 

まず、東京から大阪までは夜行バスを利用して、乗車時間を睡眠時間にあてます。

 

その後、大阪で乗り換えるまえに現地でひと休みして、ふたたび夜行便で福岡に向かえば、体感的な乗車時間は、かなり短くなります。

 

さらに、座り心地の良い座席を選べば、からだにたまる疲れも最低限にできますし、休憩時間に車外に出てストレッチなどをすれば、心身ともにリフレッシュできます。

 

 

格安料金で移動できるのなら、移動時間がかかっても構わないという人は意外と多く、大阪経由の福岡便を利用する人は増加傾向にあるようです。

格安高速バスのおススメ!