高速バストイレ

格安高速バスのトイレ対策!予約時のチェックポイント

画像

トイレ休憩は2〜3時間おき!

 

どの格安高速バスに乗っても、だいたい2〜3時間おきに、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアなどで、休憩を取ります。

 

この休憩は、高速バスの安全運行のために運転手からだを休め、集中力を取り戻すことが目的であると同時に、乗客が用を足す時間にもあてられています。

 

バス会社によってもことなりますが、1回の休憩は10〜20分ぐらいです。

 

サービスエリアなどのトイレは、女性トイレでも数が多いので、これだけの時間があれば、十分に用はたせるでしょう。

 

ただし、出発してから何か所かの駅などに立ち寄って乗客を乗せる便の場合、その停車時間は短くなっていることが多いので、このタイミングでトイレに行く方は、十分に注意が必要です。

 

バスの出発時間までに戻らないと、バスがそのまま発車してしまうことがあるからです。

 

 

最近増えてきた人気の車両とは?

 

高速バスに乗る人の中には、お腹が弱い、トイレが近いという方もいるでしょう。

 

また、そうでない方であっても、暑い夏場では頻繁に水分を摂るので、いつもよりトイレに行く間隔が短くなります。

 

こうした点を考えて、各バス会社では、車両の中にトイレを設置するケースが増えてきました。

 

 

トイレ付の車両を選べば、万一、腹痛が発生しても安心ですし、トイレ休憩のときに眠ってしまっていて、走行中に用を足したくなった、といった場合でも安心です。

 

高速バス車内のトイレは男女兼用ですが、清掃がかなり行き届いていますし、消臭スプレーや便座マットなども設置されているので、だれでも安心して利用できます。

格安高速バスのおススメ!